AGAについて

AGAとは

AGAとは

AGA(エージーエー)は『男性型脱毛症』のことで、『Androgenetic Alopecia(アンドロジェネティック・アロペシア)』の頭文字をとった略語です。

思春期以降の時期に、額の生え際・頭頂部のどちらか、または両方の髪が薄くなっていく状態であり、日本人男性では、約30%がAGAに該当します。
主に遺伝や男性ホルモンの影響によって生じるものであり、徐々に進行して薄毛が目立つようになります。

女性の脱毛症について

女性の脱毛症について女性の薄毛は、主にびまん性脱毛症によって起こっています。びまん性というのは広範囲に病変が起こっているという意味で、びまん性脱毛症は限定的な範囲の脱毛ではなく、頭髪全体が薄くなっている状態で、「加齢による変化」・「女性型脱毛症(FAGA) 」・「休止期脱毛」の3タイプに分けられます。
当院では、内科医として投薬治療における内科管理の研鑽を重ね、その上で発毛に関する高度な治療を専門クリニックで行ってきた院長が、女性のための副作用の少ない発毛治療を行っています。

女性のびまん性脱毛症の詳細はこちら

AGAの原因

AGAによって脱毛した毛根周囲を調べると、DHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度で存在していることがわかっています。DHTは、テストステロンから5α-還元酵素によってつくられた男性ホルモンの1種です。
髪の毛は伸びて抜け、再び生えて伸び、抜けるというヘアサイクルを繰り返しています。ヘアサイクルは成長期・退行期・休止期に分けられます。
DHTはヘアサイクルの成長期を短くする原因物質とされていて、AGAではDHTによってヘアサイクルの成長期が短くなってしまうことで髪の毛が長く太く育つ前に抜けてしまいます。AGAが進行して細く短い髪の毛が増えるとともに、薄毛が目立つようになっていきます。

AGAの症状

AGAの症状日本人の20~69歳成人男性は約4200万人いますが、AGAの方は3人に1人程度である1,260万人ほどで、そのうち髪の状態を気にかけている方は800万人、ケアをしたことがある方が650万人とされています。
AGAは進行性ですので、何もしないで放置していると進行し、髪の本数は徐々に減っていきます。海外のデータですが、頭頂部の500円玉大にあった900本程度の髪がAGAの進行によって5年後には250~300本程度減っていると報告されています。

また、AGAは脱毛の進行パターンがいくつもあることが大きな特徴になっています。主に額の生え際から薄毛が進行するタイプ・頭頂部から薄毛が進行するタイプに分けられますが、それが混合しているケースも多く、進行程度が場所によって変わることもありますので、髪の毛の状態にはさまざまなパターンがあります。

タイプに関わらず、ケアをしなければ髪の毛が減り続けてしまいますので、AGAは早めに適切なケアをすることが重要です。

AGAの治療法

AGAは進行性の脱毛症ですので、早めに適切な治療を受けることでより高い効果を得るこができます。ただし、かなり進行して頭部に毛髪がほとんど残っていない場合でも、毛根が残っている場合は治療効果を得ることができます。
当院では、進行を予防したい・発毛を実感したい・持続的な発毛を目指したいなどのきめ細かいご希望に合わせたAGA治療を行っています。
抜け毛予防に有効なフィナステリド、発毛効果のあるミノキシジル、成長因子導入を行うKGFメソセラピー、医療機関専売外用薬、副作用が心配な方のためのオーガニックコースまで、幅広いメニューをご用意しています。これまでAGA治療を受けて満足できる効果を実感できなかった方も、お気軽にご相談ください。

keyboard_arrow_up