タイプ別の治療法

AGAの分類

AGAを分類する方法として、AGAがどこの部分から進行してきたかを参考にする方法があります。この分類には3つのタイプがあり、生え際のそりこみ部分だけ後退してくる「M字型」、生え際全体が後退してくる「U字型」、頭頂部の地肌が見えてくる「O字型」の3つです。(頭頂部から見た薄毛の状態をM・U・Oの形に見立てています)

ハミルトン・ノーウッド分類

ハミルトン・ノーウッド分類

AGAを分類する方法のうち、現在世界標準とされている方法が「ハミルトン・ノーウッド分類」です。生え際と頭頂部の薄毛の進行度に応じて細かく分類されます。

I型 額の生え際から薄毛がはじまっていて、M字型に生え際が後退しはじめている
II型 I型が進行し、M字の切れ込みが深くなってきている
II Vertex型 II型と同時に、頭頂部にもO字型の薄毛が現れている
III型 II型がさらに進行して、M字の切れ込みがさらに深くなって、前頭部も薄毛になる
III Vertex型 III型と同時に、頭頂部にもO字型の薄毛が現れている
IV型 III型からさらに生え際が後退し、頭頂部にもO字型の薄毛が現れている
V型 IV型がさらに進行して生え際が頭頂部に迫り、O字型の薄毛範囲も拡大する
VI型 額の生え際のM字に後退した部分と、頭頂部のO字型の薄毛がつながり、側頭部と後頭部に発毛が残る
VII型 VI型がさらに進行して側頭部の薄毛も進行し、頭頂部に近い後頭部の発毛がなくなる

AGAのタイプ別治療法

AGAの進行がどこから始まるか、どこの部分での進行が速いかは、「DHTの量と働き」と「頭皮の血流状態」によって決まります。そのため、生え際でも頭頂部でも、どこの部分が気になる場合でも治療法としては「DHTを減らす」ことと「頭皮の血流を改善する」ことが重要であり、薄毛のタイプ毎に治療法を変えるということはほとんどありません。それよりも、純粋な進行度の高さやご持病の有無、常用薬の有無、過去の薄毛治療歴などを考慮して処方薬を選択することで、「効果は最大限に、副作用は最小限に」していくことが重要です。

AGAは進行しすぎない段階で治療を開始すれば、どこの部分の薄毛でも、ほとんど全ての方で改善させることができます。現在の髪の状態が治療すべき段階なのか自分で診断することはできませんので、気になる方は専門医師に相談し、診断を受けることが必要です。当院院長はAGA治療・薄毛治療を専門とする、知識と経験の豊富な専門医師です。院長による無料診断・カウンセリングのご予約はこちらから。

keyboard_arrow_up