治療一覧

注射治療

当院で行っているメソセラピーは、発毛促進因子として知られるKGF(ケラチン細胞成長因子)という物質を用いた次世代の発毛治療法です。毛髪はケラチンというタンパク質で構成されており、そのケラチンを生成する毛母細胞に作用し、毛母細胞を増殖・分裂させ、毛髪の成長を促進するのがKGFです。
日本EGF協会の行った研究では、約3ヶ月間KGFを頭部に塗布することで、男性では70%の方で毛量改善、80%の方で毛髪の太さ改善が認められ、女性では90%の方で毛量改善、同じく90%の方で毛髪の太さ改善が認められました。
特に女性はどちらかの効果があったのは100%となり、効果の高さが証明されました。

当院では、塗布だけでもこれだけ高い効果がある薬を注射薬として改良し、より直接的に、より高い効果を出すことができるようにしたものを使用しています。ただし、最先端の治療法であるため、日本で提供可能なクリニックはまだごく一部に限られています。

内服薬

副作用が少なく、かつ効果が出やすい用量を専門医師が慎重に処方しています。

ミノキシジル

ヘアサイクルには成長期・退行期・休止期があり、AGAでは成長期が短縮されて髪が太く 長く成長できなくなり、成長が阻害されて薄毛が進行します。ミノキシジルは毛髪の成長に関わる毛包に働きかけて血行を促進することで毛母細胞の活性化を促し、ヘアサイクルを整えて薄毛の改善や発毛効果を発揮します。

フィナステリド(男性のみ)

フィナステリドはプロペシアのジェネリック薬です。ヘアサイクルの成長期を短くする原因物質のDHT(ジヒドロテストステロン)は5α還元酵素によって男性ホルモンのテストステロンからつくられます。その5α還元酵素をフィナステリドが阻害することで脱毛を抑制します。

必須栄養素/オリジナルサプリメント

発毛や育毛に重要である亜鉛、鉄、ビタミンB群などを配合したオリジナルサプリメントです。実際に亜鉛や鉄の欠乏症により脱毛症になってしまう方も少なくないため、毛髪にとって必須と言える栄養素を院長監修のもと配合致しました。

外用薬

ミノキシジル外用薬

男性に適した外用薬、女性に適した外用薬の2種類をご用意しています。

ミノキシジルについてはこちら

診療内容Menu

初めての方

初めての方はこちら

治療経験のある方

治療経験ある方はこちら

男性の発毛治療

男性の発毛治療はこちら

女性の発毛治療

女性の発毛治療はこちら

keyboard_arrow_up