治療内容

内服薬

当院オリジナル内服薬"SEED"シリーズは、AGA治療・薄毛治療専門医師である院長自らが「効果は最大限に、副作用は最小限に」なるよう用量を決定しています。

SEED1(ミノキシジル)

ミノキシジルは、髪の毛が太く長く成長する「成長期」の期間を長くすることで、発毛を促進します。薄毛の進行を止めるだけでなく、発毛を目指す方には必要な薬です。
男性でも女性でも服用することができる最もメジャーな薬ですが、用量が多過ぎると動悸やむくみなどの副作用が出ることがあるので、信頼できる専門医師の元での服用が必須です。

SEED2(サプリメント)

発毛や育毛に必須の栄養素である亜鉛、鉄、ビタミンB群などを配合したオリジナルサプリメントです。これら栄養素が足りないために脱毛症になってしまう方も多くいるため、毛髪にとって最適な量を院長監修のもと配合しました。最大限の発毛効果を望む方には必要なものになります。

SEED3(フィナステリド)

フィナステリドはAGAの原因である抜け毛ホルモン「DHT」を減らすことで、薄毛の進行を止めてくれます。フィナステリドの服用をしなければ、育毛剤を使用したり生活習慣に気を付けたりしても確実に薄毛は進行していくため、AGA治療・薄毛治療においては最重要かつ必須の薬です。
また男性用の薬というイメージがありますが、専門医師の元であれば閉経後女性への使用が可能です。女性に対しても高い効果を発揮するため、閉経後かつ薄毛・抜け毛が気になる女性は積極的に取り組むことが推奨されます。

SEED3α(デュタステリド)

デュタステリドはフィナステリド同様、AGAの原因である抜け毛ホルモン「DHT」を減らすことで、薄毛の進行を止めてくれます。
フィナステリドとの違いは、

  • 全体的な発毛効果がフィナステリドの1.3〜1.4倍
  • 特に生え際付近の薄毛に効果が高い
  • 数%の確率で性欲低下などが生じる

であり、「効果は高いが、やや副作用が多い」薬になります。そのためAGA治療・薄毛治療の経験が無い方は、まずはフィナステリドから始め、フィナステリドで効果がいまひとつだった場合にデュタステリドに切り替えることが推奨されます。

SEED3β(スピロノラクトン)

女性の脱毛症の原因でもある抜け毛ホルモン「DHT」の作用を弱めることで、薄毛の進行を止めてくれます。フィナステリドを使用することができない閉経前の女性に推奨される薬です。
女性の薄毛治療では、スピロノラクトンでまず薄毛の進行を止め、さらにミノキシジル・サプリメントを使用することで発毛を促進することが望ましいです。

外用薬

ミノキシジル外用薬

現在存在する発毛・育毛を目的とした外用剤のうち最も効果が高いのは、ミノキシジルを配合してある外用薬です。ミノキシジルには内服薬(飲み薬)もありますが、内服薬と比較した外用薬の特徴は以下の通りです。

  • 発毛効果は内服薬より、やや劣る
  • 副作用は、かぶれ、かゆみのみであり、安全性が極めて高い
  • 1日2回の塗布が必要で、やや手間がかかる

以上を踏まえ、また内服薬も専門医師の元で適切に使用すれば安全性は高いことから、ご持病のない方は効果と利便性にメリットがある内服薬から開始して、ご持病や副作用の関係で内服薬が使用できない場合に、外用薬を使用することが推奨されます。また内服薬と外用薬を併用することで、更に高い効果を出すことも可能ですので、積極的に治療効果を出したい方には併用が勧められます。
当院はAGA治療・薄毛治療専門クリニックのため、ミノキシジルの濃度が2%、5%、7%、15%の外用薬を処方することができます。低濃度のミノキシジル外用薬で効果が出なかった方は、より高濃度のものを使用することが望ましいです。

注射治療

頭皮へ薬を注入することで発毛を促進させる治療法のことを「メソセラピー」と言います。
当院のメソセラピーでは、優れた発毛促進因子として知られるKGF(ケラチン細胞成長因子)という物質を使用します。このKGFを高濃度に配合した注射薬を「BellaVita」という最新のマシンを用いて正確に注入することで、通常のメソセラピーよりも効果の高いメソセラピーを行うことが可能です。
出来る限り早く発毛効果を出したい方、薄毛の進行度が高い方、薄毛になってからの期間が長い方におすすめの治療法です。

赤色LED治療

頭皮に赤色LEDライトを照射することで髪の毛が太く長く成長する「成長期」の期間を長くすることができ、これにより発毛を促進します。赤色LED治療は副作用がなく、発毛効果も医学的に証明されている安心・安全な治療法です。
当院では、大学病院でも導入されている日本国内で最高出力のLED機器を導入しており、あらゆる赤色LED治療の中でも最大の発毛効果を出すことができます。

keyboard_arrow_up