男性の発毛治療

男性の薄毛とAGA

現在日本では、成人男性の約3割が薄毛・抜け毛を認識しており、自分の髪に関する悩みを抱えています。薄毛や抜け毛にはいくつかの種類がありますが、その原因の90%以上がAGA(男性型脱毛症)であるということが分かっています。AGAは思春期以降に、額の生え際・頭頂部のどちらか、もしくはその両方の髪の毛が徐々に細く軟らかくなっていく状態であり、10代後半から70代まで幅広い年代の方に関係する悩みです。
現在までにAGAの原因やメカニズムは解明されつつあり、「薄毛の進行を止める薬」や「再び髪を増やすことのできる薬」が既に開発されています。つまり、AGAと診断してもらい、適切な治療を受けることができれば、薄毛や抜け毛の悩みは解決できることがほとんどです。
ただし、髪の毛にも寿命があるため、AGAが進行してきてしまうと、その部分の毛根が死んでしまい、治療をしても二度と髪の毛が生えてこない状態になります。そのようになってしまう前に、まずはAGAに対する理解を深め、自分がAGAである可能性があり「薄毛の進行を止めたい」「再び髪を生やしたい」と思うようであれば、早期に治療を開始することが必要です。

AGAは遺伝が原因

AGAによって抜けた髪の毛を調べると、毛根部分にDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が高濃度で存在していることが分かっています。DHTは男性ホルモンが特定の酵素と反応することで作られるもので、このDHTが髪の毛を細く軟らかくする働きをすることでAGAの原因となっています。
また、薄毛は遺伝だと聞いたことがあるかもしれませんが、実はDHTを作る酵素の働きの強さなどが遺伝によって決まっており、これによりAGAは遺伝的な要因が大きいと言われています。(つまり、ご両親や祖父母に薄毛の方がいらっしゃるとご自身も薄毛になる可能性が高いです)
このようにAGAの原因は遺伝によって決められた体質であるため、食事や睡眠などの生活習慣の改善や頭皮マッサージなどをしてもほとんど効果はなく、逆に治療開始が遅れてしまう恐れもあるので注意が必要です。

AGAを疑うべき症状

AGAの症状は、生え際もしくは頭頂部から始まるため、この部分に対して自覚症状がある場合はAGAを強く疑います。

初期の症状としては、

  • 生え際のラインに細い毛が混じる
  • 生え際の毛と毛の間隔が広がる
  • 頭頂部の髪を触った時、側頭部や後頭部の髪よりも軟らかく感じる
  • 頭頂部の地肌が透けている気がする

といったことが多いです。ここから進行することで、

  • 生え際そりこみ部分の2cm以上の後退
  • 生え際センター部分のボリューム減少
  • 頭頂部の髪を触った時、明らかに細さ・軟らかさを感じる
  • 頭頂部だけでなく前頭部も地肌が透けている

といった症状が出てきます。ここまでくると出来る限り早く治療を開始しなければ、AGAの症状を改善し元の状態に戻すことが難しくなってきます。

AGAの治療法

薄毛の進行を止め、さらに髪の毛を増やしていくための治療法は、主に「内服治療」「外用治療」「注射治療」に分けられます。
内服治療では主にミノキシジル、サプリメント、フィナステリドの3種類を使用します。内服治療は、抜け毛予防から発毛まで幅広いニーズに応えることのできる標準的な治療です。外用治療よりも比較的効果が高く、また1日1回薬を飲むだけという利便性の良さも魅力です。
外用治療では主にミノキシジルを使用します。内服治療よりも副作用が少ないことがメリットであり、かぶれやかゆみなどが出る方が稀にいるのみです。ただ利便性の面では1日2回頭皮に塗る必要があり、内服薬の方が使いやすいです。効果、副作用、利便性の3点を考慮した上で、内服治療と外用治療のどちらが望ましいか、もしくは最大限発毛効果を出すために内服薬と外用薬を併用するのか、AGA治療を専門とする医師に判断してもらうことが必要です。
注射治療では「成長因子」という発毛を促す薬を直接頭皮に打ち込むことが出来るため、より確実な発毛効果を期待できます。薄毛がかなり進行してしまっている方や、薄毛になってからの期間が長い方にも効果が期待できるため、「もう自分の髪は生えてこないかもしれない」と思う方でも取り組む価値の高い治療法です。
当院ではこの他にも、より強力な発毛効果のある「デュタステリド」や副作用ゼロの「赤色LED治療」なども行うことができます。標準的な治療法から最新の治療法まで、あらゆるAGA治療に対応することができますので、それぞれの方にとって最適な治療法を提案することが可能です。

薄毛にお悩みの方へ

ここまで、男性の薄毛の大半はAGAが原因であり、AGAは治療可能であるということをご説明しました。しかし男性の薄毛の原因の中には、AGA以外に「円形脱毛症」や「甲状腺疾患」、「膠原病」といった別の病気が隠れている可能性があります。これらの治療法とAGAの治療法は全く異なりますので、まずは治療を開始する前に、AGA治療・薄毛治療を専門とする医師に正確な診断をつけてもらうことが必須です。
当院ではAGA治療・薄毛治療専門医師である院長による無料診断/無料カウンセリングを行なっております。まずは相談をした上で、自分にできる治療から始めていくようにしましょう。

  • 当院の無料カウンセリング予約はこちら
keyboard_arrow_up